エスニック料理で夏バテ解消インドネシア風焼き飯「ナシゴレン」テキスト ボックス:  スパイスのきいたエスニック料理は食欲を増進させ、夏バテ解消にもってこいです。もっとも身近なエスニック料理といえば韓国料理を思い出す人が多いでしょうが、今回はインドネシアの焼き飯「ナシゴレン」をご紹介します。
 ナシゴレンのナシは「ご飯」、ゴレンは「炒める(揚げる)」の意味です。ご飯とエビ、チキン、野菜などを一緒に炒め、味の決め手はインドネシアのテキスト ボックス: 代表的な調味料「サンバル」。辛みと酸味、香味が食欲をそそります。仕上げに目玉焼きをのせるのも特徴。目玉焼きはとろとろの半熟で、「これをご飯に絡めて食べるのがたまらない!」という人も多いんですよ。
 タイ米や長粒米が適していますが、普通の日本米を使う場合は溶き卵をご飯にからめてから炒めるとパラパラに仕上がるそうです。サンバルが手に入らなければ、ご家庭にある